ピカソ : ピカソ講義

岡本太郎, 宗左近 著

講義は岡本がフランスに渡り、そこでピカソの抽象画に出会うところから始まる。「身体中が熱くなって、その絵の前で、心身が爆発するような思いだった」という言葉のまま、岡本はピカソをナマ身に抱き、闘い、そして一体感をもって語りつくす。それは目の前にそびえ立つ強烈な存在を全身全霊で乗り越えていく岡本の苦闘の軌跡でもある。本書はピカソ絵画を多数収録。宗の巧みな導きにより、ピカソ作品の具体的な魅力を紹介しながら、その創造の本質にせまる。情熱と感動と深い洞察により天才の真の姿が今蘇る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 ピカソ体験とパリ
  • 第2講 ピカソ芸術の変遷
  • 第3講 ピカソを超える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ピカソ : ピカソ講義
著作者等 宗 左近
岡本 太郎
書名ヨミ ピカソ : ピカソ コウギ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 オ16-1
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.9
ページ数 185p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09243-4
NCID BA91400151
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想