人生の醍醐味を落語で味わう

童門冬二 著

落語は思わずぐっとくる"ヒューマニズム"に溢れてます。嫌な人間関係に困った時、落語の知恵が活かせます。家族に感謝したくなった時、落語の名場面に共感できます。「こんな人いないよ」と、呆れ返る噺もあります。童門流「落語的生き方のすすめ」、一席どうぞおつきあいを。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 困った人付き合いに効く落語の一言(おハズカシウございます-理不尽な上司に
  • ケガしなかったかい?-リーダーの器量を示す ほか)
  • 第2章 イヤな仕事を楽しむ落語の知恵("堪忍袋"のすすめ-ストレスを解消したいとき
  • "職場バー"のすすめ-やる気を引き出す ほか)
  • 第3章 家族の人情を描く落語の名場面(子離れのさびしさに耐える
  • 可愛い子には旅をさせる ほか)
  • 第4章 憧れる?呆れ返る?落語的生き方のすすめ(男は放浪に憧れる
  • 女は定住に憧れる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人生の醍醐味を落語で味わう
著作者等 童門 冬二
書名ヨミ ジンセイ ノ ダイゴミ オ ラクゴ デ アジワウ
書名別名 Jinsei no daigomi o rakugo de ajiwau
シリーズ名 PHP新書 625
出版元 PHP研究所
刊行年月 2009.9
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-569-69990-5
NCID BA91399799
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21657024
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想