自由民権運動の系譜 : 近代日本の言論の力

稲田雅洋 著

自由民権運動とは何か。「一枚の新聞の数行の文章は百万の兵卒にもまさる」「雄弁家の三寸の舌先は百万の兵に当たる」とされた言論の力に注目。幕末から大正デモクラシーまで、立憲国家の実現をめざした民権家の活動を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 立憲政体、民権家、言論活動-プロローグ
  • 自由民権運動とその前史(自由民権運動のめざしたもの
  • 自由民権運動以前)
  • 自由民権運動の展開(自由民権家の誕生
  • 政党の結成)
  • 自由民権運動のその後(大同団結運動と初期議会
  • 大正デモクラシーとその後)
  • 自由民権運動の歴史的意義-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由民権運動の系譜 : 近代日本の言論の力
著作者等 稲田 雅洋
書名ヨミ ジユウ ミンケン ウンドウ ノ ケイフ : キンダイ ニホン ノ ゲンロン ノ チカラ
書名別名 Jiyu minken undo no keifu
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 281
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.10
ページ数 190p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05681-6
NCID BA91396509
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21666151
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想