明治外交官物語 : 鹿鳴館の時代

犬塚孝明 著

明治新政府は、西欧列国と肩を並べるべく外務省を創設する。不平等条約改正に奔走する鮫島尚信・森有礼ら若き外交官たち。外国賓客を饗応する鹿鳴館を造る井上馨。黎明期の日本外交を切り拓いた人々の奮闘を活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 野蛮と文明-プロローグ
  • 外国交際事始め
  • 外交官の誕生
  • 「場」としての外交
  • 動乱の秋、欧化の途
  • 鹿鳴館外交から帝国主義へ
  • 戦争と平和-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 明治外交官物語 : 鹿鳴館の時代
著作者等 犬塚 孝明
書名ヨミ メイジ ガイコウカン モノガタリ : ロクメイカン ノ ジダイ
書名別名 Meiji gaikokan monogatari
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 280
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.10
ページ数 229p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05680-9
NCID BA91396178
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21660307
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想