自由の壁

鈴木貞美 著

日本人にとって自由とは何だったのか。そして、平等とは?「自由」をキーワードに、儒教、道教、仏教など東アジアの伝統思想と近現代の代表的日本人の歩みを振り返ると、独自の哲学や行動を生んだ陽明学の役割などが見えてくる。「自由」の観点から近現代史に新たな照明をあて、戦後民主主義の問題点も鋭くえぐり出す。あなたを古い考え方の束縛から解き放ち、勝手気ままではない、本当の自由を身につけるためのヒントに満ちた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 自由って何?(理不尽という壁
  • いま考える「自由」という言葉 ほか)
  • 第1章 陽明学と近代日本(誰が、いまの「自由」という語を使いはじめたか?
  • 「自由」の東西の決定的なちがいは? ほか)
  • 第2章 皇国史観と戦後の「自由」(戦後、占領軍の支配下での「自由・平等」
  • GHQによる報道管制 ほか)
  • 終章 自由への道(ポスト冷戦と自由の問題
  • 冷戦期との決定的なちがい ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自由の壁
著作者等 鈴木 貞美
書名ヨミ ジユウ ノ カベ
書名別名 Jiyu no kabe
シリーズ名 集英社新書 0511B
出版元 集英社
刊行年月 2009.9
ページ数 218p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720511-4
NCID BA91390025
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21657026
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想