食料自給率100%を目ざさない国に未来はない

島崎治道 著

日本の食料自給率は四〇%前後。その結果、私たちは、莫大な量の輸入食料に頼って日々の命をつないでいる。それがきわめて危険な状態であることを、どれほどの人が認識しているだろう。他の先進諸国のように、一〇〇%近い自給率を達成することは、この国では実現不可能な夢物語なのか?そうではない。真っ当な国家であれば、どんなに困難な道であろうとも、あくまで「一〇〇%」を目標とすべきなのだ。農と食の現場に立ち続ける著者が、食料自給率回復の志を説き、熱く提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 食料自給率の低さが意味するものは?
  • 第2章 農水省発表の自給率と実質自給率はなぜ違うのか
  • 第3章 日本の農業政策は、なぜ自給率を低下させたのか
  • 第4章 食料自給率低下による具体的な影響
  • 第5章 食料自給率をめぐる世界の現状
  • 第6章 食料自給率向上のために、どんな施策が必要か
  • 第7章 「新しい地方の時代」が鍵となる

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 食料自給率100%を目ざさない国に未来はない
著作者等 島崎 治道
書名ヨミ ショクリョウ ジキュウリツ 100% オ メザサナイ クニ ニ ミライ ワ ナイ
書名別名 Shokuryo jikyuritsu 100% o mezasanai kuni ni mirai wa nai
シリーズ名 集英社新書 0510B
出版元 集英社
刊行年月 2009.9
ページ数 188p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-08-720510-7
NCID BA91388657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21657025
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想