二十一世紀の戦争

神山睦美 著

文学は戦争という現実を回避することはできない。いかにして人間の救いがたいニヒリズムを瓦解させるか。9.11以後の、詩と小説の最もアクチュアルな光景を照射する、文芸評論の精髄。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 二十一世紀の戦争(文芸批評の方法-北川透『中原中也論集成』を手がかりに
  • 文学の普遍性について-井坂洋子・多和田葉子・小川洋子
  • 悲劇の時代と『チャタレイ夫人の恋人』-小林秀雄の戦争観から
  • 普遍思想としての「修辞的現在」へ-存在不安と吉本隆明
  • 近代という背理-鮎川信夫の歴史観
  • ポリネシアの幻想-もう一つの戦争詩・吉田嘉七論
  • 二十一世紀の戦争-瀬尾育生と稲川方人
  • 贈与と蕩尽-二〇〇八年展望)
  • 第2部 九・一一以後の作家たち(九・一一以後の作家たち
  • 二〇〇三年文芸時評
  • 二〇〇四年文芸時評
  • 二〇〇五年文芸時評)
  • 死と贈与-二〇〇六、二〇〇七年回顧
  • 天命を知るということ-大岡昇平『レイテ戦記』へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二十一世紀の戦争
著作者等 神山 睦美
書名ヨミ 21セイキ ノ センソウ
書名別名 21seiki no senso
出版元 思潮社
刊行年月 2009.8
ページ数 288, 7p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7837-1651-8
NCID BA91377129
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651478
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想