室町の平和

山田邦明 著

室町幕府の政治とはどのようなものだったか。足利義詮から義満、義教へ至る権力をめぐる駆け引きを明らかにする。大きな戦乱に見舞われることのなかった時代を、東アジアの動向を背景に、地域社会と民衆の活気を交えて描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 室町という時代
  • 1 貞治・応安の平和
  • 2 西と東の王権
  • 3 足利義持の時代
  • 4 武士たちの世界
  • 5 地域社会と人の動き
  • 6 専制政治とその挫折
  • 終章 室町時代の政治と社会

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 室町の平和
著作者等 山田 邦明
書名ヨミ ムロマチ ノ ヘイワ
シリーズ名 日本中世の歴史 5
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.10
ページ数 300p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06405-7
NCID BA91373354
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661403
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想