グローバリゼーション : 現代はいかなる時代なのか

正村俊之 著

二十世紀後半以降に急速に進んだ、「グローバリゼーション」と呼ばれる地球的規模の相互依存。今や国内領域と国外領域、政治と経済と文化を、切り離して論ずることはできない。中世と近代の社会的要素が混在した十七世紀の社会と、多くの類似点をもつ現代社会が形成する、入れ子状のネットワークと、その境界のゆらぎが生み出す新たな社会の可能性を、近代以降の歴史の中で問い直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 社会の地殻変動としてのグローバリゼーション
  • 第1章 主権国家とウェストファリア体制の誕生
  • 第2章 国際化とその前史
  • 第3章 国際化から超国際化へ
  • 第4章 機能分化の変容
  • 第5章 グローバル社会の構造と理論
  • 終章 グローバリゼーションの行方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバリゼーション : 現代はいかなる時代なのか
著作者等 正村 俊之
書名ヨミ グローバリゼーション : ゲンダイ ワ イカナル ジダイ ナノカ
書名別名 Globalization.

Globalization

Gurobarizeshon
シリーズ名 有斐閣insight
出版元 有斐閣
刊行年月 2009.9
ページ数 224p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-641-17804-5
NCID BA91373092
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想