シベリア抑留 : 未完の悲劇

栗原俊雄 著

敗戦直後、旧満州の日本人兵士ら約六〇万人がソ連軍に連行され、長期間の収容所生活を送った「シベリア抑留」。極寒・飢餓・重労働の中で約六万人が死亡したこの悲劇は、今も完結していない。衝撃的な史料の発見、日本政府への補償要求と責任追及…。過酷な無賃労働を強いられた帰還者らは、「奴隷のままでは死ねない」と訴える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 発端
  • 第2章 移送
  • 第3章 三重苦
  • 第4章 民主化運動
  • 第5章 帰国
  • 第6章 裁判
  • 第7章 闘争
  • 第8章 遺族
  • 第9章 慰霊
  • 第10章 終わらない「シベリア抑留」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 シベリア抑留 : 未完の悲劇
著作者等 栗原 俊雄
書名ヨミ シベリア ヨクリュウ : ミカン ノ ヒゲキ
シリーズ名 岩波新書 新赤版1207
出版元 岩波書店
刊行年月 2009.9
ページ数 211, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431207-9
NCID BA91369415
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21667399
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想