胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際

大木隆生 編

筆者の豊富な経験と多彩な症例が多くのラーニングポイントを提示。TEVARの基本から応用までをきめ細かく解説。実際の術中写真やイラストを多数掲載。東京慈恵会医科大学血管外科チームが総力をあげて執筆したTEVARの実際を知るための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 胸部大動脈瘤ステントグラフトの実施基準
  • 2 TEVAR 過去と現状(米国・本邦)
  • 3 TAGの実力 米国での臨床治験の結果から
  • 4 TEVARの実際 基礎編
  • 5 対麻痺予防
  • 6 トラブルシューティング
  • 7 TEVARの実際 応用編
  • 8 当院におけるTAGの成績
  • 9 症例呈示

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 胸部大動脈瘤ステントグラフト内挿術の実際
著作者等 大木 隆生
書名ヨミ キョウブ ダイドウミャクリュウ ステントグラフト ナイソウジュツ ノ ジッサイ
出版元 医学書院
刊行年月 2009.9
ページ数 159p
大きさ 27cm
ISBN 978-4-260-00940-9
NCID BA9135982X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21647324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想