現代の東西文化交流の行方 : 国際化と世界化の光と影

吉村耕治 編

[目次]

  • 第1部 特別寄稿 文化交流の基盤
  • 第2部 文化交流と地域研究
  • 第3部 文化交流と言語表現
  • 第4部 文化交流の多様な視点
  • 第5部 地域に根ざした多様な文化と交流(提言や報告)
  • 第6部 エッセイ 太田一朗先生を語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代の東西文化交流の行方 : 国際化と世界化の光と影
著作者等 吉村 耕治
書名ヨミ ゲンダイ ノ トウザイ ブンカ コウリュウ ノ ユクエ : コクサイカ ト セカイカ ノ ヒカリ ト カゲ
書名別名 Aspects of the future of cultural exchanges
出版元 大阪教育図書
刊行年月 2008.3
ページ数 614p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-271-11777-3
NCID BA91351056
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21467562
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
A consideration of undercurrents between Japan and the United States Alex M.Hayashi
Early Japanese immigrants in Seattle 田中健二
L.Hearnの見た日本人学生の気質 武田千恵子
Lexicological types of English computer terms 大川英明
My little episode in Australia 岡田啓
Necessity of reflective practice as a resource Bobby St.Cyr
Sustained by silence Steve Silver
Ten different cultural characteristics between Japanese and Spaniards Pedro M.Arbella
「おたく」の訳語としてのNerdとGeekの使い分け 小村親英
ある中国人放浪者が見たドイツ 和田知久
ほか
アジア諸国におけるビジネスを通じた文化交流 北川勲
アメリカ合衆国の多言語化する職場での言語権論争 高野直人
インターネット時代の図書館 伊藤祐三
エッセイ太田一朗先生を語る
スペインとバスクの外国人労働者 梶田純子
トロントの暮らしやすさについて 白鳥義博
ハワイ日系アメリカ人語学兵の東西文化交流 足立聿宏
パブサインに見られるイギリス文化の諸相 高坂京子
ビジネスの世界から東西文化交流を考える 末包厚喜
フランス文化における日本語の定着度 鍋島弘治朗
ベースボールを通しての異文化理解 塩見佳代子
和製英語の国際性 穴田浩一
地域に根ざした多様な文化と交流
多言語社会における言語政策 金田尚子
太田一朗先生は現代の名伯楽 葛西進司
学力世界一のフィンランドのなぞを解く 岡澤潤次
尺斤法・ヤードポンド法から地球・宇宙基準へ 徳田豊
幕末英語学習者のアメリカ留学 堀井令以知
拡大しつつあるEUの現状 横井希
文化の違いとブランドの浸透についての一考察 太田一朗
文化交流と地域研究
文化交流と言語表現
文化交流の多様な視点
日本とアメリカ合衆国の記録管理の比較 中林眞佐男
日本語と英語の説得術の相違 小林純子
日本語起源の借用語と現代中国語 吉田雅子
映画While you were sleepingに見られるChicagoの文化 岡田広一
東西の詩史 馬場美徳
特別寄稿文化交流の基盤
現代の日韓大衆文化交流について 徐民靜
現代ドイツ語に見られるDenglischという現象について 小野光代
異文化理解と自文化理解 平田一郎
英語haikuと俳句に見られる文化的相違 吉村 耕治
英語訳歌詞から浮かび上がる日本の言語文化 山戸衣絵
言語の修辞モードと焦点連鎖の認知モード 山梨正明
認識論から見た日本語と英語のアサーションスキル 上地明彦
近藤芳美とキリスト教精神 芝典子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想