アメリカの影

加藤典洋 著

江藤淳の『成熟と喪失』および一連の占領研究を精細に追跡することで、彼の戦後言説空間への強烈な批判意識とその背後に隠されたアメリカへのナイーブな思いとの落差に、戦後社会の変容を読み解き、また、原爆投下を可能とした"無条件降伏"という思想それ自体を問うことで、日米関係の"原質"に迫る。文学者としての鋭い直観と斬新な視座から日本の戦後をとらえ直した、鮮烈なデビュー作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「アメリカ」の影-高度成長下の文学
  • 崩壊と受苦-あるいはフロンティアの消滅
  • 戦後再見-天皇・原爆・無条件降伏

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アメリカの影
著作者等 加藤 典洋
書名ヨミ アメリカ ノ カゲ
シリーズ名 講談社文芸文庫 かP2
出版元 講談社
刊行年月 2009.9
ページ数 386p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-06-290061-4
NCID BA9134722X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654653
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想