論語

加地伸行 全訳注

人間とは何か。溟濛の時代にあって、人はいかに生くべきか。現代と交響する至高の古典に、われわれは親しみ、学んできた。だが、さらに多くの宝石のように美しいことばが、人知れず眠っている-。儒教学の第一人者が『論語』の本質を読み切り、独自の解釈、達意の現代語訳を施す。漢字一字から検索できる「手がかり索引」等を増補した決定新版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 学而 第1
  • 為政 第2
  • 八〓(いつ) 第3
  • 里仁 第4
  • 公冶長 第5
  • 雍也 第6
  • 述而 第7
  • 泰伯 第8
  • 子罕 第9
  • 郷党 第10
  • 先進 第11
  • 顔淵 第12
  • 子路 第13
  • 憲問 第14
  • 衛霊公 第15
  • 季氏 第16
  • 陽貨 第17
  • 微子 第18
  • 子張 第19
  • 堯曰 第20

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 論語
著作者等 加地 伸行
孔子
書名ヨミ ロンゴ
書名別名 Rongo
シリーズ名 論語 1962
講談社学術文庫 1962
出版元 講談社
刊行年月 2009.9
版表示 増補版.
ページ数 542p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291962-3
NCID BA91328010
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654925
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想