会社はこれからどうなるのか

岩井克人 著

日本は産業資本主義からポスト産業資本主義への大転換期にさしかかっている。ところが、今の日本の「会社」は、それにうまく対応できていない。日本が21世紀を生き抜くためには、個々の「会社」の仕組みを洗い直し、新しい資本主義にふさわしい形にしていかなければならない。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜいま、日本の会社はリストラをするのか
  • 第2章 会社という不思議な存在
  • 第3章 会社の仕組み
  • 第4章 法人論争と日本型資本主義
  • 第5章 日本型資本主義とサラリーマン
  • 第6章 日本型資本主義の起源
  • 第7章 資本主義とは何か
  • 第8章 デ・ファクト・スタンダードとコア・コンピタンス
  • 第9章 ポスト産業資本主義における会社のあり方
  • 第10章 会社で働くということ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 会社はこれからどうなるのか
著作者等 岩井 克人
書名ヨミ カイシャ ワ コレカラ ドウナルノカ
シリーズ名 平凡社ライブラリー 677
出版元 平凡社
刊行年月 2009.9
ページ数 373p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-582-76677-6
NCID BA91321725
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21675047
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想