テクノサイエンス・リスクと社会学 : 科学社会学の新たな展開

松本三和夫 著

地球環境問題、エネルギー問題、放射性廃棄物処分、生命倫理問題…。巨大な力をもった現代の科学技術への不安と期待。テクノサイエンス・リスクをふまえ、社会のあるべき姿を構想する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 テクノサイエンスと社会学
  • 2章 科学社会学の直面する問題状況-テクノサイエンス・リスクにどう接近できるか
  • 3章 科学技術の構築主義と経路依存性
  • 4章 科学社会学における社会観の批判的検討
  • 5章 セクターモデルの提唱-テクノサイエンス・リスクを捉える
  • 6章 セクターモデルの社会学的含意-テクノサイエンス・リスクの構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 テクノサイエンス・リスクと社会学 : 科学社会学の新たな展開
著作者等 松本 三和夫
書名ヨミ テクノ サイエンス リスク ト シャカイガク : カガク シャカイガク ノ アラタナ テンカイ
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2009.9
ページ数 378p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-056105-1
NCID BA91314322
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21720001
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想