傲慢な援助

ウィリアム・イースタリー 著 ; 小浜裕久, 織井啓介, 冨田陽子 訳

本書は、善意にあふれた先進国からの援助のうち、たった数パーセントしか本当に必要な人に届いておらず、これまで経済成長に成功してきた国は、援助をそれほど受け入れてはいない国である、という現実をまず冷静に分析する。そのうえで、本当に有効な援助とは何か、どんな援助のやり方が、本当にそれを欲している人々のもとに届けることができるのかについて、これまでの援助のやり方とは異なる援助を提案する、いわば、論争の書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「プランナー(Planners)」対「サーチャー(Searchers)」
  • 第1部 なぜプランナーによる援助は発展をもたらさないのか(ビッグ・プッシュの伝説
  • 市場はプランニングできない
  • プランナーと悪漢)
  • 第2部 「白人の責務」を行動に移す(富者に市場あり、貧者に官僚あり
  • 貧しい人々を救う
  • 癒しの人-勝利と悲劇)
  • 第3部 白人の軍隊(植民地主義からポストモダン帝国主義へ
  • 貧しい人々の社会に干渉する)
  • 第4部 未来(自分の国の経済発展は自前の発想で
  • 欧米流援助の将来)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 傲慢な援助
著作者等 Easterly, William
冨田 陽子
小浜 裕久
織井 啓介
イースタリー ウィリアム
書名ヨミ ゴウマンナ エンジョ
書名別名 The white man's burden
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2009.9
ページ数 449, 23p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-492-44360-6
NCID BA9131200X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21660608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想