地球温暖化予測の最前線 : 科学的知見とその背景・意義

近藤洋輝 著

[目次]

  • 第1章 地球温暖化問題の発端
  • 第2章 コンピュータの進歩と気候モデルの開発
  • 第3章 気候変化のメカニズム
  • 第4章 第三次までのIPCC評価報告書の概要と役割
  • 第5章 IPCC第四次評価報告書(AR4)の完成
  • 第6章 過去の気候変化に関する知見
  • 第7章 大気成分などの変化傾向と放射強制力
  • 第8章 地球温暖化の原因特定
  • 第9章 21世紀の気候変化予測
  • 第10章 長期予測の知見と安定化の問題
  • 第11章 今後の課題と展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地球温暖化予測の最前線 : 科学的知見とその背景・意義
著作者等 近藤 洋輝
書名ヨミ チキュウ オンダンカ ヨソク ノ サイゼンセン : カガクテキ チケン ト ソノ ハイケイ イギ
出版元 成山堂書店
刊行年月 2009.9
ページ数 258p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-425-51172-3
NCID BA91307746
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21661753
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想