里地里山文化論  上 (循環型社会の基層と形成)

養父志乃夫 著

日本文化の基層は、照葉樹林文化ではなく、ヒトが生かされヒトが育んできた里地里山文化である。その3000年の歴史をたどり、東アジアにその源流を訪ねる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 里地里山とは何か(里地里山の概観
  • 里地里山と奥山との関係)
  • 第2章 「里地里山文化」形成史(リス氷期と最終氷期-生態系の基層形成
  • 縄文時代-里地里山の基層形成
  • 弥生時代-里地里山の発祥
  • 里地里山文化の展開)
  • 第3章 里地里山の源流-東アジアの暮らしと生態系(長江支流漢江流域-野生トキが生息する陝西省洋県の暮らしと生態系
  • 長江中下流域-日本と酷似する湖北省武漢市郊外の農村の暮らしと生態系
  • 渡来人が出航した青島-山東省膠南市郊外の農村の暮らしと生態系
  • 旧満州・遼東半島-近代化する遼寧省大連市郊外の農村の暮らしと生態系
  • 韓国最南端、対岸は日本列島-麗水市郊外の農村の暮らしと生態系)
  • 第4章 日本列島の暮らしと自然を支えた里地里山文化(里地里山文化の伝来と発展
  • 里地里山文化の現代的展開に向けて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 里地里山文化論
著作者等 養父 志乃夫
書名ヨミ サトチ サトヤマ ブンカロン
書名別名 循環型社会の基層と形成
巻冊次 上 (循環型社会の基層と形成)
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2009.8
ページ数 8, 215p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-540-09164-3
NCID BA91297052
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21656477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想