種の起源  上

ダーウィン 著 ; 渡辺政隆 訳

『種の起源』は専門家向けの学術書ではなく、一般読者向けに発表された本である。名のみ知られるばかりで、その内容については多くを語られることのなかったこの歴史的な書を、画期的に分かりやすい新訳で贈る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 飼育栽培下における変異
  • 第2章 自然条件下での変異
  • 第3章 生存闘争
  • 第4章 自然淘汰
  • 第5章 変異の法則
  • 第6章 学説の難題
  • 第7章 本能

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 種の起源
著作者等 Darwin, Charles
渡辺 政隆
ダーウィン チャールズ
書名ヨミ シュ ノ キゲン
書名別名 On the origin of species
シリーズ名 光文社古典新訳文庫 K-Dタ-1-1
巻冊次
出版元 光文社
刊行年月 2009.9
ページ数 423p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-334-75190-6
NCID BA91295250
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654148
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想