考える寄生体 : 戦略・進化・選択

マーリーン・ズック 著 ; 藤原多伽夫 訳

病気はどこにでも存在する。どんな生き物でも病気になるし、それから逃れられる生き物はいない。一方人間は病気をもたらすウイルスや細菌を撲滅しようと努めてきた。しかしちょっと待ってほしい。病気は重力と同じように、うまく共存できるようになる「力」だとしたらどうだろうか。本書では、進化生物学の視点から、ダーウィン医学の紹介に始まり、感染症と薬剤耐性、メスがオスを選ぶ条件、衝撃的な宿主の操作まで、機知に富んだ語り口で新たな寄生体像を議論する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 医者に進化論が必要な理由
  • 寄生虫は敵か味方か
  • 感染症と進化
  • 性をめぐる終わりなき戦い
  • セックスでうつる病気
  • 男は病弱、女は長生き
  • メスに選ばれる条件
  • 心と美の関係
  • 健康を保つには
  • 新興感染症の真実
  • 操られる宿主

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 考える寄生体 : 戦略・進化・選択
著作者等 Zuk, M.
Zuk, Marlene
藤原 多伽夫
ズック マーリーン
書名ヨミ カンガエル キセイタイ : センリャク シンカ センタク
書名別名 Riddled with life
出版元 東洋書林
刊行年月 2009.8
ページ数 357, 41p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-88721-765-2
NCID BA91275446
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21654350
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想