図説西欧の修道院建築

ヴォルフガング・ブラウンフェルス 著 ; 渡辺鴻 訳

西欧におけるさまざまな修道会の盛衰をたどりつつ、それぞれの目指す理念が、どのような工夫によって、どのような空間として実現したかを、わかりやすく解き明かす。高度な機能性と深遠な象徴性を兼ね備えた名建築の数々を豊富な図版とともに紹介し、修道院文化の、そしてまた西欧文明の核心を語り尽くした名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 修道会戒律と建築計画
  • 第2章 出発点
  • 第3章 ザンクト・ガレンのユートピア
  • 第4章 クリュニー
  • 第5章 シトー会修道院
  • 第6章 カルトゥジオ会修道院
  • 第7章 托鉢修道会の修道院
  • 第8章 修道院国家、修道院都市、修道院城砦
  • 第9章 バロックの貴族修道院
  • 第10章 修道院の世俗化と新しい動向

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説西欧の修道院建築
著作者等 Braunfels, Wolfgang
渡辺 鴻
ブラウンフェルス ヴォルフガング
書名ヨミ ズセツ セイオウ ノ シュウドウイン ケンチク
書名別名 Abendlandische Klosterbaukunst
出版元 八坂書房
刊行年月 2009.9
ページ数 372, 28p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89694-940-7
NCID BA9125537X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21706309
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想