対話力

樋口裕一, 久恒啓一 著

文章術と図解法。ともに「他人に何かを伝える」ためのアプローチの方法である。その両分野での「神様」と「教祖」がタッグを組み、現代の若者に向けて対話力の再生を具体的に提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 対話力強化のメリットは、はかりしれない(樋口裕一
  • 久恒啓一)(就職面接で失敗した話
  • 力のなさを知る ほか)
  • 第2章 原点としての昭和30年代(樋口裕一
  • 久恒啓一)(九州・中津
  • 異質な人たちがひしめき共存していた ほか)
  • 第3章 対話力を構成する三要素-理解力・企画力・伝達力(久恒啓一)(企画力は、絶えまないシミュレーションで磨く
  • ロールモデルを見つける ほか)
  • 第4章 対話力アップとは、理解力と論理力を磨くことである(樋口裕一)(「理解力」と「論理力」
  • 自分と異なる価値観を理解すること ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 対話力
著作者等 久恒 啓一
樋口 裕一
書名ヨミ タイワリョク
シリーズ名 中公新書ラクレ 328
出版元 中央公論新社
刊行年月 2009.9
ページ数 212p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-150328-2
NCID BA91254581
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21680214
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想