風と環境の民俗

中山正典 著

「キタニシが吹くとイワシが岸近くに寄る」「ヤマゼは冷害をもたらす」など、日本人は昔から風を感じてその知恵を農業や漁業などの生活に役立ててきた。風の伝承が人びとの暮らしをどう支えてきたのかを、全国の事例を用いて詳細に分析。人びとが自然知をどのように獲得し、有効に利用してきたのかを考察し、人間と自然環境との関係を探り出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 風の伝承と民俗
  • 第1部 風位伝承と民俗学(自然環境と人間との関係の研究
  • 民俗学における風と環境の研究
  • 風位伝承の分布)
  • 第2部 各地の風の伝承(御前崎市浜岡地区の風と人びと
  • 磐田市竜洋地区の風と人びと
  • 伊豆半島の風と人びと
  • 各地の風と人びと)
  • 風位伝承から見える民俗

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風と環境の民俗
著作者等 中山 正典
書名ヨミ カゼ ト カンキョウ ノ ミンゾク
書名別名 Kaze to kankyo no minzoku
シリーズ名 日本歴史民俗叢書
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.8
ページ数 248, 4p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-642-07369-1
NCID BA91239147
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21650817
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想