聴力検査を行う人のための図解実用的マスキングの手引き

服部浩 著

聴力測定をおこなう人に必須のマスキングの基礎知識をわかりやすく解説。"少なくともこれだけを理解していれば日常の検査にたいてい間に合うように、細かい枝葉や理論は省略し、できるだけ実践的な手順を具体的な例で図を主体として示すこと"を目指して書かれたマスキング入門の改訂4版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 マスキングはなぜ必要か(基本的事項
  • マスキングをしないとどうなるか)
  • 2 純音検査の際のマスキング(気導測定時のマスキングの手順
  • 骨導測定時のマスキングの手順
  • マスキングのいらない場合)
  • 3 語音検査の際のマスキング(語音検査時のマスキングの手順
  • 音場検査におけるマスキング)
  • 補足事項(BCuを非検耳の骨導と仮定する理由
  • 骨導測定時のマスキングの手順(N1とN2との比較)
  • 外耳道閉鎖効果
  • 臨床的知識および所見を加味した実践的マスキング法、マスキングの公式
  • 両耳間移行減衰量IA>50dBの場合(関係式ABgap≦IAの利用)
  • 骨導雑音法(BN使用))
  • 練習問題(純音検査
  • 語音検査)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 聴力検査を行う人のための図解実用的マスキングの手引き
著作者等 服部 浩
書名ヨミ チョウリョク ケンサ オ オコナウ ヒト ノ タメノ ズカイ ジツヨウテキ マスキング ノ テビキ
書名別名 図解実用的マスキングの手引き

Choryoku kensa o okonau hito no tameno zukai jitsuyoteki masukingu no tebiki
出版元 中山書店
刊行年月 2009.8
版表示 第4版.
ページ数 75p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-521-73146-9
NCID BA91238596
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21643431
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想