自傷行為の理解と援助

松本俊彦 著

若者たちはなぜ自傷行為をするのか-自傷行為とは、「身体の痛み」で「心の痛み」にフタをすること。彼らが切っているのは皮膚だけではない。生き延びるために、つらい感情を意識から切り離しているのだ…。自傷行為の正しい理解と対応について具体的な提案をする実践書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 自傷行為をどう理解するか(自傷行為の現在
  • 自傷行為の定義
  • ボディモディフィケーションと自傷行為
  • 自傷行為が発現するメカニズム ほか)
  • 第2部 自傷行為にどうかかわるか(援助にあたって理解しておくべきこと
  • 自傷行為のアセスメント
  • 自傷行為のマネジメント
  • 若者の自殺予防と社会安全のために)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自傷行為の理解と援助
著作者等 松本 俊彦
書名ヨミ ジショウ コウイ ノ リカイ ト エンジョ : コイ ニ ジブン ノ ケンコウ オ ガイスル ワカモノタチ
書名別名 「故意に自分の健康を害する」若者たち
出版元 日本評論社
刊行年月 2009.8
ページ数 252p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-56280-6
NCID BA9120373X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21650229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想