伊東俊太郎著作集  第2巻 (ユークリッドとギリシアの数学)

伊東俊太郎 著

ギリシアにいかにして厳密な論証数学が形成されたかを論じた著作、およびユークリッドを中心とする数学史の諸問題をとり扱った論文を収める。『ギリシア人の数学』(単行本)、「ユークリッドと『原論』の歴史」、「ピュタゴラス学派の数論」、「『幾何的代数』は存在したか」(書き下ろし)他を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ギリシア人の数学(ギリシア数学史の今日的問題
  • 古代オリエントの数学
  • オリエント数学からギリシア数学へ
  • ギリシアの数学
  • ギリシアにおいてなぜ公理的論証数学は可能となったか)
  • 純粋数学の起源-ユークリッド『原論』の成立に即して
  • ユークリッドと『原論』の歴史
  • ユークリッドは実在したか-歴史的事実について
  • ピュタゴラス学派の数論-一次資料からの解釈
  • 「幾何的代数」は存在したか
  • 世界の数記号

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 伊東俊太郎著作集
著作者等 伊東 俊太郎
書名ヨミ イトウ シュンタロウ チョサクシュウ
書名別名 ユークリッドとギリシアの数学

Ito shuntaro chosakushu
巻冊次 第2巻 (ユークリッドとギリシアの数学)
出版元 麗澤大学出版会 : 廣池学園事業部
刊行年月 2009.8
ページ数 365, 8p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-89205-555-3
NCID BA91197648
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651058
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想