創られた「東京裁判」

竹内修司 著

20世紀前半、国家指導者に求められた資質とは、領土を拡大する政治・軍事的手腕の高さであった。そして、だからこそ「国際法」は強国が世界を意のままにするための方便でもある。では、敗戦国・日本を「犯罪国家」として裁くために、連合国はどのような国際法を新たに編み出したのか。そのプロセスの全貌に初めて迫る驚愕の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「東條を逮捕させろ!」(1946年9月11日)
  • 「主要戦争犯罪人」という概念(1941年〜44年)
  • 「国際軍事法廷」という発想(1944年4月〜45年2月)
  • 「平和に対する罪」という新犯罪類型(1945年2月〜8月)
  • 先行する「ニュルンベルク」との整合(1945年8月〜9月)
  • 「降伏条件は契約ではない!」(1945年9月)
  • ワシントンからの「戦犯容疑者リスト」(1945年9月)
  • 猛反発するマッカーサー(1945年9月〜11月)
  • ようやく「逮捕令」相次ぐ(1945年11月〜12月)
  • 近衛文麿「自殺」の衝撃(1945年11月〜12月)
  • 「ヒロヒト」戦犯指名の衝撃(1945年12月〜46年1月)
  • 「極東国際軍事裁判憲章」の検討(1946年1月〜2月)
  • 起訴されたA級容疑者たち(1946年〜48年)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 創られた「東京裁判」
著作者等 竹内 修司
書名ヨミ ツクラレタ トウキョウ サイバン
書名別名 Tsukurareta tokyo saiban
シリーズ名 新潮選書
出版元 新潮社
刊行年月 2009.8
ページ数 243, 11p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-10-603645-3
NCID BA91189388
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21649608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想