自律と保護

西原博史 著

[目次]

  • 第1部 構造転換の中で問われる憲法規範の役割(「憲法実現」と「決断としての枠」の狭間で
  • 憲法構造における立法の位置づけと立法学の役割)
  • 第2部 「社会権」なるものを解釈する枠組をめぐって(「社会権」理論の50年における「抽象的権利説」的思考の功罪
  • 生存権論の理論的課題と自己決定・社会的包摂・潜在能力
  • 80年代ドイツ憲法学における給付請求権の理論
  • ドイツにおける社会国家的基本権解釈の源流)
  • 第3部 「国家による人権保護」の道理と無理(国家の基本権保護義務論の意義と限界
  • 「公共の福祉」の理論における人権観念と人間像)
  • 第4部 立憲主義の概念と憲法の守ろうとするもの(「国家を縛るルール」から「国民支配の道具」へ?
  • 立憲主義において国家を縛るもの)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 自律と保護
著作者等 西原 博史
書名ヨミ ジリツ ト ホゴ : ケンポウジョウ ノ ジンケン ホショウ ガ イミスル モノ オ メグッテ
書名別名 憲法上の人権保障が意味するものをめぐって

Jiritsu to hogo
出版元 成文堂
刊行年月 2009.9
ページ数 270p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7923-0466-9
NCID BA91188658
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21653723
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想