弥生時代の考古学  5

設楽 博己;藤尾 慎一郎;松木 武彦【編】

[目次]

  • 総論 食糧生産の本格化と食糧獲得技術の伝統
  • 1 農耕の弥生文化的特質(弥生農耕の特質
  • 東北アジアの先史農耕と弥生農耕-朝鮮半島を中心として
  • 中国新石器時代の稲作農耕の展開
  • 西アジアにおける農耕文化のはじまり)
  • 2 家畜飼育の評価(弥生文化の家畜飼育
  • DNA分析による弥生ブタ問題
  • 狩猟犬から食用犬へ
  • 中国ブテ便所からみた弥生文化の家畜飼育
  • 西アジアからみた弥生文化の家畜飼育)
  • 3 生業の伝統と変容(洞穴に暮らす人々
  • 海人の性格-アワビオコシと銛頭
  • 縄文文化的漁撈活動と弥生文化的漁撈活動
  • 縄文文化的貝塚はなぜ消滅したのか
  • 弥生時代の雑穀栽培と木の実食の評価
  • 縄文農耕論をめぐって)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 弥生時代の考古学
著作者等 松木 武彦
藤尾 慎一郎
設楽 博己
阿部 芳郎
書名ヨミ ヤヨイ ジダイ ノ コウコガク
書名別名 食糧の獲得と生産
巻冊次 5
出版元 同成社
刊行年月 2009.9
ページ数 248p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-88621-489-8
NCID BA91184657
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21656904
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想