アーネスト・ラザフォード

オーウェン・ギンガリッチ 編 ; J.L.ハイルブロン 著 ; 梨本治男 訳

19世紀末、辺境の地ニュージーランドからイギリスへ渡り、1908年ノーベル化学賞受賞。才能豊かな研究生を何人も育て、ノーベル賞受賞者を多数輩出するケンブリッジ・キャヴェンディッシュ研究所所長となり、「原子物理学の父」と呼ばれるラザフォード。第一次世界大戦を期に一大事業に変貌する物理学の中心にいた各国の科学者たちの姿とともに描く評伝。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ケンブリッジ時代、放射線物理学
  • 第2章 マギル時代、原子の爆発
  • 第3章 マンチェスター時代、原子の構造
  • 第4章 戦争の時代、科学の発展
  • 第5章 物理学の中心で

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アーネスト・ラザフォード
著作者等 Gingerich, Owen
Heilbron, J. L.
梨本 治男
ハイルブロン J.L.
ギンガリッチ オーウェン
書名ヨミ アーネスト ラザフォード : ゲンシ ノ ウチュウ ノ カクシン エ
書名別名 Ernest Rutherford

原子の宇宙の核心へ

Anesuto razafodo
シリーズ名 オックスフォード科学の肖像
出版元 大月書店
刊行年月 2009.8
ページ数 184, 17p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-272-44055-9
NCID BA91150939
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21651490
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想