ストレスに強い脳、弱い脳 : そのカギはセロトニンが握っていた!

有田秀穂 著

打たれ強い人とそうでない人の違いは、性格や経験ではなく、脳の活性法にあった。本書ではセロトニン研究の第一人者である著者が、最新脳科学の研究成果をもとに、日々のストレスを受け流し、先行き不透明な時代を明るく生きる方法を伝授。今日からできる、折れない心をつくる脳の鍛え方。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 打たれ強さの理由は「脳」にある(「図太い心」こそ、ストレス社会を生き抜く武器
  • なぜ、打たれ弱い人が増えてきたのか? ほか)
  • 第2章 立ち直りが早い人になる!セロトニン活性法(打たれ強さの源は脳内セロトニン
  • イライラを引きずってしまうのは、セロトニン不足 ほか)
  • 第3章 どんなストレスも受け流す脳のつくり方(心を見抜く「第三の目」は前頭前野にある
  • 人間を、人間らしくする脳 ほか)
  • 第4章 やる気を上手にコントロールするドーパミン活用術(ドーパミンは、夢を叶える意欲の神経
  • 脳は報酬があるから努力できる ほか)
  • 第5章 脳が教えてくれる「図太い」生き方(「ドーパミン原理」の幸せと「セロトニン原理」の幸せ
  • "夢の大きさ"ではなく"夢の質"を変える ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ストレスに強い脳、弱い脳 : そのカギはセロトニンが握っていた!
著作者等 有田 秀穂
書名ヨミ ストレス ニ ツヨイ ノウ ヨワイ ノウ : ソノ カギ ワ セロトニン ガ ニギッテイタ
シリーズ名 インテリジェンス PI-245
青春新書 PI-245
出版元 青春出版社
刊行年月 2009.8
ページ数 189p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-413-04245-1
NCID BA9111668X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21642655
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想