物部氏の研究

篠川賢 著

稲荷山古墳出土鉄剣銘文とウヂ、雄略期の支配組織の構造、継体期と「連」のカバネの成立、「物部」という呼称、部としての物部の分布範囲、物部の祖先伝承にみられる系譜の同祖構造、物部氏の系譜にみるウヂの実態、政治史と物部氏の盛衰、石上麻呂と物部氏の伝承など、これまでの研究史を整理し、最新の研究成果も盛り込んで考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 研究史の概要と研究の課題
  • 第1章 物部氏の成立とその性格(稲荷山古墳出土鉄剣銘文とウヂ
  • 「連」のカバネの成立
  • 「物部」の呼称の成立
  • 物部氏の性格)
  • 第2章 物部氏の祖先伝承(ニギハヤヒの伝承
  • オホヘソキとイカガシコヲの伝承
  • 石上神宮神宝伝承とトチネ
  • 物部大連目の伝承
  • 物部氏の系譜)
  • 第3章 物部氏の盛衰(物部氏の台頭
  • 物部氏の衰退
  • 物部氏の復興と石上麻呂
  • 物部氏の後裔)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 物部氏の研究
著作者等 篠川 賢
書名ヨミ モノノベシ ノ ケンキュウ
書名別名 Mononobeshi no kenkyu
シリーズ名 日本古代氏族研究叢書 1
出版元 雄山閣
刊行年月 2009.8
ページ数 247p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02103-2
NCID BA91108681
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21766019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想