環境変化と縄文社会の幕開け : 氷河時代の終焉と日本列島

藤山龍造 著

1万年あまり前、人類は未曾有の「温暖化」という環境変化を体験していた!日本列島で生活していた先史人類が、こうした劇的な「地球温暖化」のなかにあって、いかなる適応を遂げていったかを考古学的視点から考察する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 研究の背景
  • 第2章 尖頭器石器群の再検討
  • 第3章 石鏃出現期における狩猟具の様相
  • 第4章 氷河時代終末期の生活空間論
  • 第5章 氷河時代終末期の居住行動論
  • 第6章 氷河時代終末期の狩猟活動論
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 環境変化と縄文社会の幕開け : 氷河時代の終焉と日本列島
著作者等 藤山 龍造
書名ヨミ カンキョウ ヘンカ ト ジョウモン シャカイ ノ マクアケ : ヒョウガ ジダイ ノ シュウエン ト ニホン レットウ
出版元 雄山閣
刊行年月 2009.8
ページ数 281p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-639-02105-6
NCID BA91108171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21765918
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想