子どもの権利 : 日韓共同研究

喜多明人, 森田明美, 荒牧重人, 李在然, 安東賢, 李亮喜 編

子どもの権利条約の国連採択から20年、権利実現の努力を検証し、今後の課題を提起する。家族機能の弱体化、加熱する早期教育・受験競争などによる、体罰・虐待、いじめ、非行・少年事件など、子どもをめぐる日本と韓国の問題状況は、きわめて類似している。6年間にわたる日韓比較研究の成果による画期的ドキュメント。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 子どもの権利をめぐる日韓・韓日学術交流の現状と今後の展望
  • 1 子どもの権利と子ども政策(日本における子どもの権利と子ども政策
  • 韓国における子どもの権利と子ども政策)
  • 2 子どもの権利侵害と子ども法制:子ども虐待・体罰、いじめ、非行問題(日本の子ども虐待・いじめ・非行と子ども法制
  • 韓国の子ども虐待・体罰・いじめ・非行と子ども法制)
  • 3 子どもの権利と相談・救済制度(日本の子どもと相談・救済
  • 韓国の子どもと相談・救済)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもの権利 : 日韓共同研究
著作者等 喜多 明人
森田 明美
荒牧 重人
安 東賢
李 亮喜
李 在然
書名ヨミ コドモ ノ ケンリ : ニッカン キョウドウ ケンキュウ
書名別名 Kodomo no kenri
出版元 日本評論社
刊行年月 2009.8
ページ数 327p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-56282-0
NCID BA91099208
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21644119
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
国連・子どもの権利委員会と日本報告書審査 平野裕二, 李亮喜
国連・子どもの権利委員会の勧告と韓国における子どもの権利モニタリング 金炯旭
子どもの権利と子ども政策 日本における子どもの権利と子ども政策 日本における子どもの権利の現状・課題・展望 喜多 明人
子どもの権利と相談・救済制度 日本の子どもと相談・救済 日本の子どもの自己肯定感と相談・救済 内田塔子
子どもの権利をめぐる日韓・韓日学術交流の現状と今後の展望 荒牧 重人
子どもの権利侵害と子ども法制 日本の子ども虐待・いじめ・非行と子ども法制 日本の学校における子どもの権利の現状と課題 荒牧 重人
日本におけるいじめの現状・構造と日本の救済制度 安藤博
日本における児童虐待防止の法制度 吉田恒雄
日本における厳罰主義の動向と子ども支援の政策・実践 喜多 明人
日本における子どもの権利救済制度 半田勝久
日本における子ども政策の現状と課題 森田 明美
日本における子ども相談の実践と課題 斎藤富由起
日本における子ども虐待の現状と課題 磯谷文明
日本における非行問題と非行からの立ち直り 黒岩哲彦
日本の少年法「改正」問題と子どもの権利 佐々木光明
日本の自治体における子どもの権利救済制度 吉永省三
日本の自治体における子ども政策の展開と課題 荒牧 重人
自治体におけるいじめからの救済制度の現状と課題 中谷茂一
韓国における「保護少年」の現況と保護 姜恩和, 李在然, 金載然
韓国におけるいじめの現況と対策の課題 安東賢, 金炯旭
韓国におけるいじめ防止政策とその課題 姜恩和, 黄玉京
韓国におけるインターネット中毒と学校暴力 朴志允, 李垠周
韓国における子どもの権利と子ども政策 韓国における子どもの権利研究の現状と課題 李在然, 金炯旭
韓国における子どもの権利保障の実態と今後の課題 金勝権, 金炯旭
韓国における子ども救済制度の現状と課題 金炯旭, 黄玉京
韓国における子ども相談の実際と権利保障 朴志允, 金敬姫
韓国の子どもと相談・救済 青少年カウンセリングの現状と課題 李培根
韓国の子ども虐待・体罰・いじめ・非行と子ども法制 韓国における子ども虐待の現状と保護体制 張化貞, 朴志允
韓国の学校における体罰問題と保護体系 金哲弘
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想