動物は何を考えているのか? : 学習と記憶の比較生物学

曽我部正博 編

さまざまな動物の学習記憶に関する研究を比較という視点から捉え、そのなかから人類究極の課題である心の謎に挑む。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 動物の思考と意識
  • 第1章 学習行動の比較生物学(ゾウリムシは本当に学習するのか?
  • ナメクジの学習と記憶
  • ザリガニの学習と記憶 ほか)
  • 第2章 シナプス可塑性の比較生物学(アメフラシは学習研究の元祖?
  • 昆虫の学習・記憶と神経可塑性の分子機構
  • ネズミの学習・記憶と海馬のシナプス可塑性)
  • 第3章 変わった学習:集団脳、歌学習、サイボーグ学習(ミツバチの社会性進化と脳機能の発達
  • 小鳥の歌学習の神経機構
  • ロボットの学習と昆虫の環境適応能力)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物は何を考えているのか? : 学習と記憶の比較生物学
著作者等 日本比較生理生化学会
曽我部 正博
書名ヨミ ドウブツ ワ ナニ オ カンガエテイルノカ : ガクシュウ ト キオク ノ ヒカク セイブツガク
書名別名 What are animals thinking?
シリーズ名 動物の多様な生き方 4
出版元 共立
刊行年月 2009.8
ページ数 260p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-320-05690-9
NCID BA91097552
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21652076
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想