大江戸八百八町と町名主

片倉比佐子 著

徳川家康の入府以来、名主制度が廃止される明治まで、大江戸八百八町を支えつづけた町名主たち。町役人の末端として、住民の一人として奮闘した知られざる町名主の姿を、江戸の町の発展の歴史とからめ明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 江戸の町と統治のしくみ-プロローグ
  • 町の成立と名主
  • 町の発展と古町
  • 大江戸の町と名主の役割
  • 伝馬役と町
  • 維新期の名主
  • 町名主の終焉-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大江戸八百八町と町名主
著作者等 片倉 比佐子
書名ヨミ オオエド ハッピャク ヤチョウ ト マチナヌシ
書名別名 Ooedo happyaku yacho to machinanushi
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 279
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.9
ページ数 258p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05679-3
NCID BA91087220
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21655196
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想