江戸の文人サロン : 知識人と芸術家たち

揖斐高 著

江戸時代後期、文人と呼ばれる知識人たちの寄り合いの場があった。そこでは学問や詩・書・画・狂歌などを楽しみながら、身分を超越した自由な個人を生み出した。サロンに集う文人たちの交遊と風雅の世界を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 「サロン」と「文人」-プロローグ
  • 商都大坂の漢詩サロン
  • 江戸狂歌サロンの実像
  • 蘭学と桂川サロン
  • 奇物奇談の考証サロン
  • 文人サロンの喧騒
  • 文人サロンのゆくえ-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 江戸の文人サロン : 知識人と芸術家たち
著作者等 揖斐 高
書名ヨミ エド ノ ブンジン サロン : チシキジン ト ゲイジュツカタチ
書名別名 Edo no bunjin saron
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 278
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2009.9
ページ数 215p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05678-6
NCID BA91087005
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21655198
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想