トポロジーの世界

野口廣 著

クラインの壺やメビウスの輪から見えてくる奇妙な世界とは?初心者には難解と思えるトポロジーの考え方そのものは、じつはふだんから使い慣れている「ものごとを大づかみに把握する」という方法とたいへん近い。本書では、初めてトポロジーを学ぶ学生の疑問に答えながら、図とわかりやすい例をひいて直観的にその世界をひもといていき、さらに後半では色や音の受容、記憶など脳の大づかみな仕組みを数学的に捉える。その有効性から瞬く間に現代数学に大きな地位を占めたトポロジー、そのセンスへのやさしい大づかみな入門書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • トポロジーの世界(私たちの世界とトポロジー
  • トポロジーの曙
  • 平面+1点=球面
  • トポロジーのものさし
  • 数学は言語である
  • 高次元空間
  • トポロジー
  • 2人の若者
  • ホモロジー
  • 最初の金字塔
  • 爆発する未来のために)
  • 頭脳への応用(頭脳への挑戦
  • 頭脳のモデル
  • 記憶と学習
  • 目の話
  • 色彩の話
  • 耳の話
  • 頭脳のトポロジー理論
  • 頭脳とカタストロフィー)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 トポロジーの世界
著作者等 野口 広
野口 廣
書名ヨミ トポロジー ノ セカイ
シリーズ名 Math & science ノ6-2
ちくま学芸文庫 ノ6-2
出版元 筑摩書房
刊行年月 2009.8
ページ数 328p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09239-7
NCID BA91072529
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21656400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想