チベット : 危機に瀕する民族の歴史と争点

クロード・B.ルヴァンソン 著 ; 井川浩 訳

「世界の屋根」と称され、長いあいだ雲上の別世界だったチベットは、おしつけられる近代化に直面している。本書は、七世紀の帝国成立からの歴史や現状を紹介するとともに、インドなど近隣諸国との複雑な関係をわかりやすく解説する。チベット問題のこれからを考えるための一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 座標軸(錯綜する問題
  • 起源
  • 王国と制度
  • 二重の視線
  • 別個の世界)
  • 第2章 チベットの地政学(中国政権の攻勢
  • インドの逃げ口上
  • 現代の「グレート・ゲーム」)
  • 第3章 資源と所有欲と争点(夢想
  • アジアの水がめ
  • 西方の宝の家
  • インドのジレンマ)
  • 第4章 危機に瀕する民族(チベットとダライ・ラマ、運命共同体
  • 崩壊寸前の文化
  • 国際舞台のチベット)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 チベット : 危機に瀕する民族の歴史と争点
著作者等 Levenson, Claude B
井川 浩
ルヴァンソン クロード・B.
書名ヨミ チベット : キキ ニ ヒンスル ミンゾク ノ レキシ ト ソウテン
書名別名 Le Tibet

Chibetto
シリーズ名 文庫クセジュ 938
出版元 白水社
刊行年月 2009.8
ページ数 143, 3p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-560-50938-8
NCID BA91066016
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21645063
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想