イカはしゃべるし,空も飛ぶ : 面白いイカ学入門

奥谷喬司 著

古くから日本の食卓で愛されてきたイカの消費量は、サケやマグロに匹敵する。そもそも「イカ」の語源をたどれば、「食べ物そのもの」を意味しているという。トビウオのように海面上を飛ぶイカもいれば、体色の七変化が熱烈に求愛するイカもいる。さまざまなイカの魅力的な生態を余すところなく伝える"イカ学入門書"。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イカと日本人
  • 第2章 イカの設計図
  • 第3章 イカの超能力
  • 第4章 イカの愛と性
  • 第5章 イカの暮らし
  • 第6章 イカの過去・現在・未来
  • 付章1 日本イカ学の系譜
  • 付章2 イカの分類表

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イカはしゃべるし,空も飛ぶ : 面白いイカ学入門
著作者等 奥谷 喬司
書名ヨミ イカ ワ シャベルシ ソラ モ トブ : オモシロイ イカガク ニュウモン
シリーズ名 ブルーバックス B-1650
出版元 講談社
刊行年月 2009.8
版表示 新装版.
ページ数 248, 7p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-257650-5
NCID BA91053320
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21645059
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想