ルポ資源大陸アフリカ : 暴力が結ぶ貧困と繁栄

白戸圭一 著

石油、金、ダイヤモンド、レアメタル…。先進国を支える貴重な資源が大量に眠る大陸、アフリカ。かつての貧困の地が今、高度成長を続けている。だが、その成長の地で犯罪や紛争が頻発し、麻薬の密輸、金融詐欺、海賊行為など国境を越える暴力となって日本にも襲いかかる。資源ブームに沸くアフリカでなぜ、暴力の嵐が吹き荒れるのか。元現地特派員が自らの目で見たアフリカ社会の今を報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 資源大陸で吹き上がる暴力
  • 第1章 格差が生み出す治安の崩壊-南アフリカ共和国、モザンビーク共和国
  • 第2章 「油上の楼閣」から染み出す組織犯罪-ナイジェリア連邦共和国
  • 第3章 「火薬庫」となった資源国-コンゴ民主共和国
  • 第4章 グローバリズムが支える出口なき紛争-スーダン共和国
  • 第5章 世界の「脅威」となった無政府国家-ソマリア民主共和国
  • 終章 命の価値を問う-南アフリカの病院から

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ルポ資源大陸アフリカ : 暴力が結ぶ貧困と繁栄
著作者等 白戸 圭一
書名ヨミ ルポ シゲン タイリク アフリカ : ボウリョク ガ ムスブ ヒンコン ト ハンエイ
書名別名 Rupo shigen tairiku afurika
出版元 東洋経済新報社
刊行年月 2009.8
ページ数 326p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-492-21182-3
NCID BA91037288
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21639439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想