日・中・韓「準同盟」時代 : 東アジアが世界の中心になる

近藤大介 著

[目次]

  • 日本、中国、韓国の「骨格」
  • 日本人・中国人・韓国人
  • 漢字とひらがなとハングル
  • 日本の「骨格」
  • 中国の「骨格」
  • 中国人の「DNA」
  • 中国式「武力」
  • 中国が編み出した「朝貢」
  • 「朝貢」の成功時期
  • 例外だった日本〔

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日・中・韓「準同盟」時代 : 東アジアが世界の中心になる
著作者等 近藤 大介
書名ヨミ ニチ チュウ カン ジュンドウメイ ジダイ : ヒガシアジア ガ セカイ ノ チュウシン ニ ナル
書名別名 The new era of east Asia
シリーズ名 Kobunsha paperbacks 135
出版元 光文社
刊行年月 2009.7
ページ数 272p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-334-93465-1
NCID BA91022804
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21636714
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想