〈生きづらさ〉の時代の保育哲学

中西新太郎 著

見過ごされる貧困、手を結べないもどかしさ…"いまどき"の子ども・親・保育者が生きる現実のどこに希望があるのか何を変えなければいけないのか子育てに人間を取り戻すための、保育の哲学。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 親とつながる手がかりをさぐる-貧困と不安の中の家族(「モンスター」と非難する前に
  • 子育て競争をあおる社会
  • 家庭がぶつかっている現実から出発する
  • 「普通に明るく元気に」を願う親心)
  • 第2章 思春期を見守るおとなの立ち位置-消費文化を生きる子どもたち(消費文化デビュー
  • 「自分らしさ」を選ぶ-消費文化の中の自己表現
  • 新しい情報環境のなかの子どもたち
  • 友だちづきあいは楽じゃない
  • 居場所がない生きづらさ
  • 「生きている実感」は薄れているか
  • 「私は私」と言えるようになるとき
  • )
  • 第3章 保育制度「改革」と子育ての共同-いま保育運動に求められていること(保育分野の「構造改革」
  • 財界の子育てプラン
  • 保育の何が危機なのか
  • いま保育要求に応えるとは
  • 四つの共同をいま)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 〈生きづらさ〉の時代の保育哲学
著作者等 中西 新太郎
書名ヨミ イキズラサ ノ ジダイ ノ ホイク テツガク
出版元 ひとなる書房
刊行年月 2009.7
ページ数 238p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-89464-134-1
NCID BA90998969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21635473
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想