市中感染症診療の考え方と進め方 : IDATEN感染症セミナー

IDATENセミナーテキスト編集委員会 編

現時点での「スタンダード」というべき、市中感染症診療の考え方と進め方を1冊にまとめた。具体的な症例を、どう考え、どう進めるべきか、そのプロセスをわかりやすく提示する。「チャート」を全症例に配置。症例の考え方、進め方のポイントが一目瞭然である。IDATEN(日本感染症教育研究会)講師陣によるピアレビュー(査読審査)を実施。項目の1つひとつが、吟味された確かな内容となっている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 市中感染症へのアプローチ(感染症診療の基本原則
  • 初期治療に反応しない場合の評価と治療のストラテジー)
  • 第2章 臨床でよく出遭う市中感染症のマネジメント(肺炎のマネジメント
  • 細菌性髄膜炎のマネジメント
  • 皮膚・軟部組織感染症のマネジメント
  • 骨・間接・軟部組織関節症のマネジメント
  • 感染性心内膜炎のマネジメント
  • 胆道系感染症のマネジメント
  • 急性下痢症のマネジメント
  • 尿路感染症のマネジメント
  • 急性腹症のマネジメント
  • STI・骨盤内炎症性疾患のマネジメント
  • 敗血症のマネジメント
  • 急性咽頭炎・急性副鼻腔炎のマネジメント
  • 深頚部感染症のマネジメント
  • 腹腔内感染症・腸管穿孔のマネジメント)
  • 第3章 臨床で重要な微生物(グラム陽性球菌
  • グラム陰性桿菌
  • 嫌気性菌)
  • 第4章 臨床で重要な抗菌薬(ペニシリン系抗菌薬
  • セフェム系抗菌薬
  • マクロライド系抗菌薬
  • キノロン系抗菌薬)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市中感染症診療の考え方と進め方 : IDATEN感染症セミナー
著作者等 日本感染症教育研究会
IDATENセミナーテキスト編集委員会
書名ヨミ シチュウ カンセンショウ シンリョウ ノ カンガエカタ ト ススメカタ : IDATEN カンセンショウ セミナー
書名別名 Shichu kansensho shinryo no kangaekata to susumekata
出版元 医学書院
刊行年月 2009.8
ページ数 203p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-260-00869-3
NCID BA9099455X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21643068
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想