それでも、日本人は「戦争」を選んだ

加藤陽子 著

普通のよき日本人が、世界最高の頭脳たちが、「もう戦争しかない」と思ったのはなぜか?高校生に語る-日本近現代史の最前線。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 日本近現代史を考える
  • 1章 日清戦争-「侵略・被侵略」では見えてこないもの
  • 2章 日露戦争-朝鮮か満州か、それが問題
  • 3章 第一次世界大戦-日本が抱いた主観的な挫折
  • 4章 満州事変と日中戦争-日本切腹、中国介錯論
  • 5章 太平洋戦争-戦死者の死に場所を教えられなかった国

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 それでも、日本人は「戦争」を選んだ
著作者等 加藤 陽子
書名ヨミ ソレデモ ニホンジン ワ センソウ オ エランダ
出版元 朝日出版社
刊行年月 2009.7
ページ数 414p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-255-00485-3
NCID BA90983597
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21636682
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想