ナポレオン フーシェ タレーラン : 情念戦争1789-1815

鹿島茂 著

一七八九年の大革命から一八一五年のワーテルローの戦いまで、ナポレオンの熱狂情念が巻き起こした相次ぐ戦争による混乱と怒涛の三〇年。この偉大なる皇帝の傍らに、警察大臣フーシェ=陰謀情念と外務大臣タレーラン=移り気情念なかりせば、ヨーロッパは異なる姿になったにちがいない。情念史観の立場から、交錯する三つ巴の心理戦と歴史事実の関連を丹念に読解し、活写する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 すべては「情念」に始まる
  • 第1章 欲望と悪徳の王国
  • 第2章 情念が歴史を変えた
  • 第3章 熱狂皇帝、ヨーロッパを席巻す
  • 第4章 誰がナポレオンを倒したのか
  • 第5章 情念戦争の「大いなる遺産」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ナポレオン フーシェ タレーラン : 情念戦争1789-1815
著作者等 鹿島 茂
書名ヨミ ナポレオン フーシェ タレーラン : ジョウネン センソウ 1789 1815
書名別名 情念戦争

Naporeon fushe tareran
シリーズ名 講談社学術文庫 1959
出版元 講談社
刊行年月 2009.8
ページ数 604p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-291959-3
NCID BA90981809
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21642706
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想