「アメリカ覇権」という信仰 : ドル暴落と日本の選択

E.トッド ほか著 ; 藤原書店編集部 編

忍び寄る、ドル暴落という破局。危機の核心と中長期的展望を呈示する、気鋭の論者による「世界経済危機」論。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカ覇権の崩壊-忍び寄るドル暴落という破局(「アメリカ覇権」という信仰-自由貿易主義からの脱却
  • ドル暴落は起こるのか?-金融危機と急速に膨張したFRBの資産
  • 金融危機とFRBの歴史-アメリカは大恐慌から何を学んだのか?
  • 金融危機とドル信認問題-ドル一極支配の行方)
  • 2 金融資本主義の崩壊-経済を支えるのは信用である(金融資本主義の崩壊と経済構造の転換-エネルギーと食糧の重要性
  • 恐慌の発生メカニズムとその後-カネとモノの乖離と原点回帰
  • 金融資本主義の歴史分析-危機は宿命ではない
  • 「信用」とは何か?-工学的に処理できない経済の主観的基盤
  • 「銀行を救え!」という見せ物-誰にとっての「危機」なのか?
  • 金融危機をマルクス恐慌論から読み解く-すべては現状分析から始まる)
  • 3 将来を築くための価値観の転換-閉塞状況を打開する長期的ヴィジョン(金融の糾弾では見えない問題の本質-十年は続く長いトンネル
  • グローバリゼーションと金融危機の意味-長期の歴史から捉える
  • 「経済」という観念自体の転換-ケインズの未来予測)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「アメリカ覇権」という信仰 : ドル暴落と日本の選択
著作者等 Badiou, Alain
Boyer, Robert
Todd, Emmanuel
井上 泰夫
佐伯 啓思
倉都 康行
加藤 出
松原 隆一郎
榊原 英資
水野 和夫
浜 矩子
的場 昭弘
藤原書店
藤原書店編集部
辻井 喬
須藤 功
書名ヨミ アメリカ ハケン ト イウ シンコウ : ドル ボウラク ト ニホン ノ センタク
出版元 藤原書店
刊行年月 2009.7
ページ数 244p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-89434-694-9
NCID BA90962688
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21638252
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想