グローバル世界の法文化 : 法学・人類学からのアプローチ

角田猛之, 石田慎一郎 編著

[目次]

  • 第1部 千葉・法文化論と安田理論からの展望(千葉・法文化論再考-アイデンティティ法原理を中心として
  • グローバルな状況下における法文化認識へ向けて-千葉正士と安田信之の法文化概念の再考と接合の模索
  • アジア法、開発法学と法の三層構造-いくつかの批判にこたえる)
  • 第2部 千葉・法文化論の展開(アジア法文化圏における比較法文化試論-「取調べ」をめぐる日本と中国の刑事司法文化を中心に
  • 法文化の発明とポジショナリティ-統合と多様性の間でたゆたうパプアニューギニアを事例にして
  • フィリピン・ムスリム社会における多元的法体制と法実践の交渉-パラワン島南部のバランガイにおける婚姻手続き過程 ほか)
  • 第3部 法文化への多角的アプローチ(日本の司法近代化プロセスと尾佐竹猛の明治文化研究
  • 法意識の文化的解釈-「訴訟回避」と「神義論」
  • 英国私法におけるReasonablenessの思考-英国・「合理人」(Reasonable Person)の法文化・試論 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 グローバル世界の法文化 : 法学・人類学からのアプローチ
著作者等 石田 慎一郎
角田 猛之
書名ヨミ グローバル セカイ ノ ホウブンカ : ホウガク ジンルイガク カラノ アプローチ
出版元 福村
刊行年月 2009.8
ページ数 333p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-571-40025-4
NCID BA90959672
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21726735
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想