「証言録」海軍反省会  2

戸高一成 編

憤りを交えた激しい証言から浮かぶ真実!「回天作戦」の実態を、担当参謀が克明に証言!海軍反省会の第11回から第20回までを収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 海軍反省会記録第十一回 「戦訓録」の投げかけるもの-開戦の原因をどこに求めるか
  • 海軍反省会記録第十二回 開戦の経緯-明治元年から二十一年の政治状況と照合する
  • 海軍反省会記録第十三回 十九世紀末〜大正初期のアメリカ極東政策-日米開戦始動のプロセスを探る
  • 海軍反省会記録第十四回 三国同盟直前の対独関係・連合艦隊司令部の作戦を検証する
  • 海軍反省会記録第十五回 実戦に生かせなかった砲術-黛治夫氏講演をめぐって
  • 海軍反省会記録第十六回 続・実戦に生かせなかった砲術
  • 海軍反省会記録第十七回 反省会運営方法を見直す
  • 海軍反省会記録第十八回 「人事・教育・統帥」
  • 海軍反省会記録第十九回 人事制度と行政-末国氏発表をめぐって
  • 海軍反省会記録第二十回 潜水艦を有効利用しなかった海軍

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「証言録」海軍反省会
著作者等 戸高 一成
書名ヨミ ショウゲンロク カイグン ハンセイカイ
巻冊次 2
出版元 PHP研究所
刊行年月 2011.1
ページ数 462p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-569-79338-2
NCID BA9095395X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
21873621
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想